2021年賀状無料テンプレート、使える牛イラスト素材集はこちら

2021年賀状無料テンプレート丑年

スマホで無料作成!しかも簡単^^

更新日:

年賀状2020 無料 スマホ

皆さんは、年賀状って毎年、どんな方法で作っていますか?
印刷屋さんに年賀状印刷を注文したり、手書きをするという昔ながらの方法の方もまだいらっしゃると思いますが…

多くの方は、PCで年賀状のデザインを作ったりネットでダウンロードしたりして、自宅のプリンターで印刷する…という方法で作っているのではないでしょうか?

自宅で年賀状印刷ができると、1枚とか2枚とか、急に不足したときも簡単に追加が出来ますし、便利なんですよね。

しかし、このPCとプリンターで自宅で年賀状印刷が出来る、というのが当たり前になってきた今、便利だな!なんて今更感動することもなく、それどころか既にチョット面倒くさいと思っている方も、多いのではないでしょうか?

もっと簡単に、楽ちんに、年賀状を作れたらいいのに!

まずPCを起動させて、ネットで素材などを探して、ソフトを使って編集して…って、大したことじゃ無い筈なのに、一連の動作を想像するだけで面倒なんですよね。

年賀状を作る時期って、ただでさえ年末で、仕事も忙しい時ですし、たまの休みの日くらい家でゴロゴロしたい、PCの前に延々座っていたくない!
もっと簡単に、楽ちんに、年賀状を作れたらいいのに!
…と思ってしまうのも、仕方ないことですよね。

そこで、今回そんな方におすすめしたいのが、スマホを使って年賀状を作る方法。

今回そんな方におすすめしたいのが、スマホを使って年賀状を作る方法

スマホなら、PCのように起動でイライラすることもなく、座って作業する必要も無く、言い方はちょっと乱暴ですが、休日にゴロゴロ寝転がりながら、年賀状を作る事も可能なんですよね。
しかも、簡単操作で、無料で作る方法も色々あるんです!

というわけで、今回はそんな便利で簡単なスマホで無料で年賀状を作る方法を、基本から、便利なアプリまで色々ご紹介します。
2020年の年賀状をもっと簡単に楽ちんに作りたいと考えている方、ぜひ、参考にしてみてくださいね。



 

スマホを使って無料で年賀状を作るには?

まず、スマホで年賀状を無料で作るための、
基本的な方法や注意点を書いておきますね。

 

無料で作れるのは年賀状のデザインまで

今まで、PCを使って年賀状を無料で作ってきたという方は、無料の年賀状テンプレートやイラスト素材などをダウンロードして、場合によっては必要なアレンジを加え印刷していた事と思います。

つまり、無料といっても、無料で済むのは年賀状のデザインまでで、年賀はがき代や、プリンターのインク代などは、自己負担です(当然ですけど…^^;)。

無料で作れるのは年賀状のデザインまで

スマホで年賀状を作る場合も基本的には上記と同じで、無料で出来るのはあくまで、年賀状のデザインづくりまで、となります。
実際に印刷する時には、はがき代やインク代などのお金がかかりますので、そこはご了承くださいね。

 

 

スマホで年賀状を作る方法と必要なもの

スマホで年賀状を作る方法と、必要なものの組合せは大きく分けて以下の2つになります。

①年賀状作成アプリ、プリンター、無地の年賀はがき
②年賀状作成アプリ、年賀状プリントサービス

この、①②両方の方法で必要となる、年賀状作成アプリというのは、年賀状のデザインを作るためのアプリ(ソフト)のことです。
このアプリの編集機能や、収録されているイラストやテンプレート、手持ちの写真などを組み合わせて、スマホ上で年賀状デザインを作成します。

スマホで年賀状を作る方法と必要なもの

なお、年賀状アプリには、無料と有料のものがあるのですが、無料でも充分に便利で、簡単で多機能なものが色々あります。
何百種類もの、様々な年賀状素材やテンプレートが収録されていたり、画面の指示に従ってスマホの画面をタッチするだけで、写真やイラスト、文字を挿入するなどの編集を、簡単に行うことができるんですよ。

画面の指示に従ってスマホの画面をタッチするだけで作成できる

スマホで撮影した写真を、いちいちPCにデータ移動などをせずに、スマホ上で選びながら簡単にサクサク写真年賀状を作ることもできるというのは、年賀状作成アプリの本当に便利なところだと思います。

そうして、アプリを作った年賀状デザインは、PDFなどの画像ファイルとしてスマホにダウンロードして①のプリンターで印刷する、または②の年賀状プリントサービスを使って、年賀はがきに印刷することになります。
これについては、事項で詳しく書いていきます。



 

年賀状作成アプリで作ったデザインを印刷

スマホの無料年賀状作成アプリで作った年賀状デザインを年賀はがきに印刷する方法を詳しく書いていきます。

まず、自宅にプリンターをお持ちの方は、アプリで作った年賀状デザインをアプリ上からPDFなどでスマホにダウンロードした後、以下の方法で印刷ができます。

 

PCが無い、または使わないでスマホのみで印刷

スマホやプリンターの機種によっては、スマホとプリンターをWi-Fiなどで接続し、直接プリンターに年賀状デザインのファイルを転送し、印刷してくれます。

年賀状作成アプリで作ったデザインを印刷

ただし、これは、お持ちのプリンターがこの機能に対応している必要があります。また、印刷指示用のアプリをダウンロードする必要性がある場合も。

各対応機種や必要アプリは、以下のプリンターのメーカーでご確認くださいね。

Canon/ EPSON /Brothr /hp

 

 

プリンターに接続されたPCとスマホを繋いで印刷

プリンターもPCもお持ちで、前述のスマホのみで印刷する方法が条件が合わずに使えなかった場合は、この方法が簡単で確実です。
基本的に、スマホから、デザインの画像ファイルをPCに転送して印刷します。
転送するには主に、以下の3つの方法がありますよ。

1.スマホのメールでPCのメールアドレスに年賀状デザインを添付して送る
2.スマホに入っているSDカードにデザインを保存し、PCに挿して読み込む
3.スマホとPCをUSBケーブルで接続して、デザインをPCに転送する

プリンターに接続されたPCとスマホを繋いで印刷

この方法は、結局印刷時にはPCを使う事になるので、全部スマホでやりたかったのに~!という方には面倒に感じるかもしれませんが、一番面倒な、年賀状デザインの作成はスマホでサクッと作れており、PCはただ印刷するためだけの操作で、簡単ですぐ終わりますので、ご安心ください。

次に、自宅にプリンターが無い方の印刷方法ですが、これは、前項にもご紹介した、年賀状プリントサービスを使って印刷します。

 

 

年賀状プリントサービスを使って印刷

年賀状プリントサービスというのは、スマホのアプリで作った年賀状デザインを印刷屋さんに印刷注文を出して、有料で年賀はがきに印刷してもらうことです。

この印刷の注文は、年賀状作成アプリ上から直接できるものが多いです。
年賀はがき代+印刷代がかかるので、自宅で印刷するよりは割高ですが、プロの印刷屋さんが印刷してくれるので仕上りは綺麗です。

わざわざ年賀状印刷のためだけにプリンターを購入する必要も無く、注文も簡単なので、煩わしさが無いところがメリットです。

年賀状プリントサービスを使って印刷

ちなみに、年賀状プリントサービスを使った場合のお値段は、だいたい年賀はがき代込みで、1枚100~150円前後くらいです。
これは、印刷する会社と、早割や大量印刷の割引などで色々違います。

 

こんな感じで、スマホで年賀状デザインを作った場合、自宅で印刷する、年賀状プリントサービスを使う、の2つの方法があります。

ポイントをまとめると、自宅のプリンターで印刷すると印刷コストが安く済むが、環境によっては全ての作業をスマホとプリンターだけで済ませる事はできない、年賀状プリントサービスは自宅プリンターで印刷するより割高だが、全ての年賀状作成作業をスマホで済ませられ簡単でキレイ…という感じですね。

自宅で印刷する、年賀状プリントサービスを使う、の2つの方法があります。

ただし、最後にひとつ注意点を書いておきますと…
スマホで使うアプリによっては、自宅プリンター印刷と年賀状プリントサービス両方出来るもの、年賀状プリントサービスしか使えないもの、があります。

スマホで年賀状を作る場合、どちらの印刷方法にするかは、プリンターの有無や、どれだけ簡単にしたいか、アプリで出来る方法などを考えて、自分に合った印刷方法を選ぶと良いでしょう。

 

 

無料スマホアプリで年賀状づくりをもっと簡単に!

それではスマホを使って無料で年賀状デザインが作れる、無料年賀状作成アプリでおすすめのものをいくつかご紹介します。

 

つむぐ年賀2020

Android/iPhone・iPad対応

現状リリースされている年賀状アプリで写真の入る年賀状を作るならこちらのアプリが最強!
そう感じさせる理由が「人物切り抜き」の機能。

つむぐ年賀2020

年賀状作成で写真を利用する場合、スマホならカメラで撮影した画像が使えるというのが便利ですよね。写真入りの年賀状は写真を入れる部分が透過になっている為、下に重ねる画像がテンプレートと合成されます。
この透過部分を一般的にフレームといいます。

なので、一般的な写真入り年賀状は写真フレームの配置、枠数、形状でデザイン決まってしまうと言えますが、この「つむぐ年賀」ではそんな概念を覆します。

画期的な切り抜き機能

切り抜きが難しい濃淡の少ない写真でもこの精度。
切り抜きが難しい濃淡の少ない写真でもOK

年賀状に入れたい写真は、アプリが自動的に人物に沿って切り抜いてしまので、まるでシールのようにテンプレートの上からペタペタ自由に貼ることができます。この機能によりデザインのオリジナリティが格段に上がっています。

作成サンプル1
作成サンプル2

もちろん写真のないデザインも充実していますが、こちらについてはこの後でご紹介するアプリの方がテンプレート数は多いので、写真を年賀状にいれない方は以下のアプリが良いでしょう。

つむぐ年賀はネットプリントと連携していますのでプリンターがなくてもOKです。
印刷には写真あり(銀塩プリント)と写真なし(普通印刷)があります。料金は銀塩プリントが73円/枚~、普通印刷が54円/枚~、何れも基本料金無料。別途送料がかかります(ゆうパケット:280円、ゆうパック:630円)。

また、自宅印刷が可能なのでプリンターをお持ちの方には有難いです。

 

 

はがきデザインキット2020スマホアプリ版

Android/iPhone・iPad対応

こちらは、郵便局が提供する、無料の年賀状作成アプリです。
はがきのデザインは約800種類以上あり、和風、かわいい、ポップ、全面写真ものなど、色々なカテゴリから選ぶことができ、どれも洗練されたデザインばかりで、とってもおしゃれです。
メッセージやスタンプなどの種類も豊富なので、思うような年賀状デザインが作れます。

アプリの操作は簡単で、写真の挿入だけでなく撮影もこのアプリ内で出来ますし、もちろん、文字やイラスト、スタンプの挿入などの操作もわかりやすいので、アプリでの年賀状作成初心者でも、簡単にデザインを作る事ができますよ。

はがきデザインキット2020スマホアプリ版

また、このアプリの便利な機能はデザイン作りだけではありません!
なんと、過去にもらったはがきの宛名面を、アプリで撮影することで、オペレーターがあなたの代わりに住所録をデータ化してくれるんです。
ちなみに無料です。
(ただし宛名スキャンは30万件限定の先着でのサービス提供となっています)

また、年賀はがきへの印刷は、「はがきデザインキット印刷サービス」に有料で注文することもできますし、作った年賀状デザインを、セブンイレブンのマルチコピー機で印刷することもできます。
なお、セブンイレブンでの印刷をする場合は、年賀はがきを購入する必要があります。もちろん、自宅のプリンターで印刷することも出来ますよ。

ちなみに、はがきデザインキット印刷サービスを使う場合は、印刷代金は普通紙が1枚80円、写真用紙が1枚110円となっています。それとは別に、年賀はがき代63円/枚が加算されます。
印刷後は自宅へ届けてもらう他、宛名印刷をしてポスト投函してもらうことも出来ます。ポスト投函は無料ですが、自宅へ配送の場合はゆうパック送料650円がかかりますよ。




 

ノハナ年賀状2020

Android/iPhone・iPad対応

アプリに入っている300種類以上の多彩なテンプレートと、スマホで撮った写真を使って簡単に写真年賀状のデザインが作れる無料アプリです。
勿論、写真なし、イラストのみのデザインの年賀状も作れます。

用意されているテンプレートは、シンプル系からオーソドックスな和風、ポップ系、かわいい系まで本当に多彩で、どれにしようか迷うくらい、どれも素敵です。
スタンプやフィルタなどの機能も用意されているので、写真の色味を変えたり、スタンプで写真周りを飾ったりなどの凝った飾り付けが、指で気にいったスタンプを選んでドラッグするだけ、というような簡単操作でできますよ。

勿論、文字入れや編集も、スマホにちょいちょいと触りながら自由に簡単に、できます!

ノハナ年賀状2020

なお、こちらのアプリで年賀状デザインを作る場合は、自宅のプリンターでの印刷は出来ず、ネットプリント(年賀状プリントサービス)注文のみとなっています。

ネットプリントは、印刷代が1枚108円で、それとは別に、年賀はがき代52円/枚と、自宅への送料が加算されます。
印刷が終わった年賀状は、自宅にゆうパック(送料648円)またはゆうパケット(送料324円)にて配送してもらえます。

ですので、こちらのアプリは、自宅プリンターで印刷したい!という方は使えませんが、操作がとにかく簡単で、それでいて可愛い、おしゃれな年賀状が作れると、アプリのレビューでも人気が高いです。
ネットプリントでもOKで、スマホの操作はなるべく簡単に手軽に年賀状を作りたい、という方におすすめです。

 

 

以上、スマホで無料で簡単に楽ちんに、年賀状を作る基本的な方法と、おすすめの無料年賀状作成アプリのご紹介でした。

スマホで年賀状デザインを作るにはアプリを使う、というのが共通のやり方ではありますが、プリンターを使うか使わないかによって、印刷終了までの手順やかかる料金などは変わってきます。

そのへんの説明も、なるべく詳しく書いたつもりですので、ぜひ参考にして最終的に使うスマホアプリや、印刷の方法を決めるのにお役立て頂ければと思います。

また、印刷する時にかかる金額は様々ですが、今回ご紹介したスマホの年賀状作成アプリはどれも無料で、
ダウンロードも、デザイン作成も、無料で出来ますから、気になったアプリは全てダウンロードして、とりあえず試しに全部使ってみるというのもおすすめですよ。

-お役立ち

Copyright© 2021年賀状無料テンプレート丑年 , 2020 All Rights Reserved.